鉄スクラップ、非鉄金属スクラップなど金属を含む廃棄物リサイクル処理から、解体済の自動車や家電のリサイクルならフェニックスメタルへ

家電リサイクル

家電リサイクル

2001年4月1日に施行された特定家庭用機器再商品化法(通称:家電リサイクル法)では、対象家電製品としてエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機の4品目が指定され、新たなリサイクル体制の整備が進み、これまで埋め立てられていた廃棄物の多くが再利用されるようになりました。

この法律では、指定された家電4品目を消費者、販売店、自治体、メーカーなどの関係者がそれぞれ役割を分担し、リサイクルを推進することが義務づけられています。
フェニックスメタルでは、「リサイクルプラント」として、指定引取場所で収集された4品目の家電をリサイクルしています。

また、今後も法対象品目の追加や、更なるリサイクル率の向上が義務付けられていきます。弊社でもグループ全体の連携を図り、リサイクル率の向上に貢献してまいります。

 

<家電リサイクル率>

  エアコン テレビ 冷蔵庫 洗濯機 薄型テレビ
法定リサイクル率 80% 55% 70% 82% 74%
リサイクル率 90.0% 73.6% 79.3% 84.0% 78.4%
再資源化率 91.5% 97.2% 79.7% 84.0% 83.0%

※2017年4月~2018年3月の数値

リサイクル家電の持ち込みについて

家電4品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機)の処分は 家電リサイクル法を守る必要があります。
郵便局で事前にリサイクル費用を振込みし、弊社にお持ちください。
家電リサイクル法に準じて適正に処理いたします。
料金は家電リサイクル券センターのホームページでご確認ください。

家電リサイクルの流れ

エアコン

まず、冷媒フロンを回収します。回収されたフロンは、完全無害化処理されます(外部委託)。フロン回収後は、手解体で分解し、冷媒管(銅管)や熱交換器などを回収していきます。その後、シュレッダーで破砕処理され、再生資源として鉄や非鉄が分別・回収されます。

テレビ

テレビのリサイクルフローは、ブラウン管は樹脂・鉄・基盤・ガラスを手作業で回収し、それぞれリサイクルしています。薄型テレビもブラウン管同様、手作業で回収しそれぞれリサイクルしています。基板は、専用処理施設でリサイクル処理されます。最後にシュレッダーで破砕処理され、再生資源として鉄や非鉄が分別・回収されます。

冷蔵庫

冷媒回収機で冷媒フロンを回収します。回収された冷媒フロンは、完全無害化処理されます(外部委託)。冷媒フロン回収後、金属部品のコンプレッサーや、プラスチック部品の野菜ケースなどを手作業で取り外します。その後、シュレッダーで破砕処理され、再生資源として鉄や非鉄が分別・回収されます。また、破砕処理を行う際に発生するウレタンダストを再利用するための研究にも取組んでいます。

洗濯機

洗濯機の上ぶたの部分を取り外した後、モーターや基板を取り外します。その後、破砕機やリサイクルされる金属の錆防止のため、洗濯槽を取り外してから塩水リングを外し塩水を抜きます。回収した樹脂は種類ごとに破砕し出荷します。ここまでの工程を全て手作業で行い、最後にシュレッダーで破砕処理され、再生資源として鉄や非鉄が分別・回収されます。

家電リサイクル法・指定引取場所について、詳しくお知りになりたい方は以下のリンクをご覧ください。

お気軽にお問い合わせください TEL 0436-43-1261 受付時間 8:00-17:00(日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © フェニックスメタル株式会社 All Rights Reserved.